有痛性外脛骨について

足の本来なら平坦な場所に外脛骨(普通にはない余分な骨)があり、痛みを伴う人がいます。外脛骨を持つ人の中でも15%~20%の人に痛みを伴う症状として発症します。気がつかないうちに有痛性外脛骨になっている可能性もあるので注意が必要です。

捻挫を理由に起こることが多いと言えますが、扁平足であることやサイズがきつい靴を履いていること、走ったり飛んだりする競技を行っていることが原因となることもあります。

過度な運動や負荷の影響によって外脛骨が刺激を受けると、外脛骨と舟状骨の間に炎症が発生して痛みが起こるケースも多いです。

有痛性外脛骨の症状

有痛性外脛骨は足の内側のアーチの中央に痛みや腫れ、発赤が起こります。

骨が出っ張っている部分を押すと、痛みを生じることが多いです。つま先立ちをしたときに痛みを覚える方や、歩くだけでも痛いと感じる方もいらっしゃいます。症状が強い場合は眠ることができない、少し動かすだけでも激痛が走るというケースもあります。

有痛性外脛骨は自然と治ることは少ないため、発症したときには専門家へご相談されることをお勧めいたします。

有痛性外脛骨は当院へお任せください

有痛性外脛骨でお困りでしたら、当院へお任せください。丁寧なカウンセリングと施術を通して、あなたの痛みと不安を解消へ導きます。お一人で悩みを抱え込んでしまう前に、ぜひ当院へご相談ください。心よりご来院お待ちしております。

鍛冶町鍼灸整骨院

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町1-8-8鍛冶町ビル1F