梨状筋症候群について

ゴルフなどを楽しんでいる時はもちろん、家事や日常生活をしている時に臀部が痛かったり太ももの裏側に痺れを感じる時は、梨状筋症候群を発症しています。

梨状筋症候群の原因と症状

人間の身体には腰部から足まで延びている坐骨神経という太くて長い神経があり、坐骨神経は梨状筋という筋肉の下部を通って足の方まで延びていますが、梨状筋が色々な理由で硬化すると原因と症状になります。

腰部や太ももの裏側を通っているからこそ、腰部と太ももへの負荷が大きくなる姿勢を続ける機会が多くなるほど原因と症状に繋がりやすいです。
そのため、ゴルフにおけるスイングのように身体を勢い良くかつ大きく撚るような動きをすると梨状筋に負荷が生じて梨状筋症候群になりますし、取り分けて激しい動作をしていなくても長時間にわたり運転をし続ける機会が多い場合にも原因と症状になります。

原因と症状は、必要に迫られている事例と共に無意識的に行っている所作が関係している事例も少なくないので、梨状筋症候群特有の変化を覚えた時にはそのままの状態でかいけつを目指すのではなく、整骨院または整形外科に相談しましょう。
専門家に依頼すれば原因と症状を正確に特定してくれる上に、手を用いた施術の他に鍼や電気を用いた施術もしてくれます。

梨状筋症候群でお悩みの方は当院にお任せください

梨状筋症候群のお悩みは鍛冶町鍼灸整骨院にお任せください!

当院は、丁寧なカウンセリングと施術で痛みの原因を探ることで根本改善を目指します。
症状を我慢せずまずは当院へご相談ください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

鍛冶町鍼灸整骨院

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町1-8-8鍛冶町ビル1F