テニス肘について

テニス肘(テニスエルボー・外側上顆炎)は、名前から分かるようにテニスプレーヤーに起こりやすい症状だと言えます。ただし、テニスをしない人でも発症する可能性があるため注意が必要です。

症状の原因は、テニスをおこなう際にラケットを振る動きが上腕の筋肉と肘を繋ぐ腱に負荷がかかりやすいと言えます。この競技以外ではゴルフや卓球、バトミントンなどのラケットスポーツで発症するケースが多く見られます。

また、スポーツ以外にもギターの演奏やタイピング入力など、仕事や趣味の面で発症することも少なくありません。

テニス肘の症状

具体的な症状には膝の外側から前腕にかけての痛みをあげることができます。初期症状では運動中に痛みを覚え、安静時には痛みがないというケースが多いです。

しかしながら、放置しておくことで日常的な動作でもこの部分が痛むようになり、ドアを開けるためにドアノブを回す、何かを掴んで持ち上げるだけでもひどい痛みを感じることが多いと言えます。指を伸ばすこともできなくなることがあるので要注意です。

テニス肘は当院へお任せください

テニス肘の施術はぜひ当院へお任せください。軽症のうちに専門家へ相談し、適切な施術を受けることをお勧めいたします。丁寧なカウンセリングと施術を通して、あなたの痛みを解消します。まずは当院へご相談ください。

鍛冶町鍼灸整骨院

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町1-8-8鍛冶町ビル1F