産後骨盤矯正について

産後骨盤とは出産時に赤ちゃんが産道を通ることができるように、リラキシンというホルモンが分泌されることで骨と骨をつなぐ靭帯が緩んで骨盤が開いている状態です。通常出産で緩み開いた骨盤は産後6ヶ月ほどかけて徐々に締まり安定していきます。

しかし中には産後骨盤が原因となり不調を引き起こす場合があります。

産後の骨盤が歪む原因と症状

産後骨盤による不調の原因については、産後の女性はしばらく不安定な骨盤の状態で赤ちゃんへの授乳やおむつ交換など育児の負担を強いられるため、正しい姿勢を維持することが出来ずに骨盤が歪みやすいことです。

産後骨盤は靭帯が緩んでいるので通常時よりも歪みを矯正しやすいですが、歪んだまま靭帯が安定してしまうと固定化してしまい、育児中はもとよりその後の不調の慢性化につながります。

症状についてですが、産後骨盤の歪みが起こると骨盤・関節周辺に痛みを感じたり、肩こりや腰痛、むくみや冷え性、生理痛や生理不順、不妊といった婦人科トラブルにつながります。また骨盤周辺の血流が悪くなり脂肪の燃焼がうまくいかなくなることで、下半身太りが起こりやすくなることも特徴です。

産後の骨盤矯正は当院にお任せ!

このような症状をきたす産後骨盤による不調は痛みや症状を抑えるだけではなく、根本的な原因となる歪みを矯正する施術を行うことで改善させる必要があります。当院ではお悩みの症状を治すのはもちろん、治した後に同じ症状が再発しないための根本治療を施します。

産後、お身体の不調が治らない場合はまず当院にお気軽にご連絡ください。貴方のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

鍛冶町鍼灸整骨院

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町1-8-8鍛冶町ビル1F