側弯症について

側弯症は世界的に発症している患者が多い様子から世界中の医師や専門家などが研究を続けていますが、発症者が発症した理由は明瞭化しにくいという特徴があります。

そのように発症した理由が明瞭化しにくい状況ではあるものの、患者においては突発性が多いのに加え乳幼児の頃や学童の頃、思春期の頃に発症する事例がとても多いという共通点が存在しています。

側弯症の原因と症状

原因と症状をはっきりとさせたり解決に向けて行う治療の術には定期的に経過観察を行う方法や装具を用いる方法、手術を行う方法があります。
専門家の観点から定期的に経過観察をする選択がされた時には、3ヶ月間または6ヶ月間の頻度で通院してレントゲン写真の撮影を行い、側弯症の様子を確認します。

装具を用いる事例では年齢が15歳を超えていない事を再確認しつつ、突起している箇所の角が25度になった時に着手します。
入浴時や学校の体育の授業を除いて装具を装着し続け、装着してから3ヶ月間から4ヶ月間に1度の頻度でレントゲン写真を行い、側弯症特有のカーブの状態を確かめます。

また、側弯症は男の子と女の子の両方に発症する症状ではりますが、患者における割合としては女の子の方が多い様子から、成長期を迎えている女の子を育てている事例では特に目を向けるのが大事です。

側弯症でお悩みの方は当院にお任せください

側弯症のつらい症状は鍛冶町鍼灸整骨院にお任せください。

当院では、不調の根本原因にアプローチし、一時的に楽になる治療ではなく、根本的に改善させる治療を提供しております。
他院では良くならなかったという方も、ぜひ当院へお気軽にご相談ください。

鍛冶町鍼灸整骨院

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町1-8-8鍛冶町ビル1F