シュラッター病について

シュラッター病は、主に過剰にヒザを使うことが原因で発生するスポーツ障害です。また、骨の成長にその周囲の筋肉の成長が追い付いていないことが原因として挙げられます。

この病気の痛みは、膝に負担のかかるような動きをしたときに脛骨が出っ張ることにより起こります。したがって、オスグッド病はサッカーやバレーボール、バスケットボールや陸上競技などの選手に良く見られる病気です。

シュラッター病の症状

典型的な症状としては、膝の痛み、腫れ、圧痛などがあります。シュラッター病は、強くヒザを曲げたり、蹴ったりなどしてヒザを抵抗に対して逆らって伸ばす場合に強く痛む症状が見られます。

症状がひどい場合にはアイシングするなど、負荷への軽減策も重要となります。軽度の段階で無理をして運動をしてしまうと、さらに状態が悪くなり、走ることが難しくなるだけでなく、歩くことにも支障をきたすケースがあります。

シュラッター病は当院へお任せください

シュラッター病でお困りでしたら、ぜひ当院へお任せください。治癒するには適切なケアが必要です。これからを笑顔で過ごして頂くためにスタッフ一同、精一杯のサポートをさせて頂きます。取り返しのつかなくなってしまう前に、お気軽に当院へご相談ください。

鍛冶町鍼灸整骨院

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町1-8-8鍛冶町ビル1F